Whatsスモーククッキング

燻煙材の種類

一般市販されているもの

一般市販

さくら 香りが強く、匂いに癖のあるポーク、マトン等をマイルドに仕上げ、比較的何にでも合い、広く利用できます。
りんご 甘味のあるソフトな香りで食材の持ち味を生かして仕上がり、鶏肉や白身魚に向いて広く利用できます。
ぶ な タンニンが多く、色付きが早く、やや渋みがあますが、すっきりとした香りで魚介類にあいます。
な ら ぶなと同様。
くるみ 香りが良く、肉や魚介類等、オールマイティーに利用できます。
ヒッコリー 欧米では、最もポピュラーな燻材で、クルミによく似た香りです。何にでもあい、オールマイティータイプ。

※入門用としましては、リンゴ、サクラがお勧めです。


燻材の形状

スモークウッド スモークウッド

木の粉末を棒状に固めたもので、一定量の煙を出し続けるように作られています。また、熱源が要らないので温度管理が容易です。
スモークチップ スモークチップ

チップ状で熱源が必要です。比較的温度管理が高いもの又は庫内が大きな燻製器に向いています。屋外でバーベーキューを楽しむ時、炭の上にバラまいて肉等に香り付けをするフレーバー等にも利用します。
チャンクス チャンクス

ヒッコリーの木を荒切りにして、拳大に割った状態。ウォータースモークやカバーバーベキューに利用します。

スモーカーブレンドチャコール 他には、ペレット状のモノや、豆炭の中にチップが練りこんである、スモーカーブレンドチャコール(左図)等が有ります。

オリジナル性を持たせるのであれば、市販のスモーク材にハーブやスパイスを混ぜて燻煙、香りの創作を楽しむ事も出来ます。

※ご注意
ご自分で燻材を調達する場合は、針葉樹や合板、製材所のおが屑等では絶対に行わないで下さい。合板や樹木の種類によっては、有害な成分が含まれている場合が有りますので注意が必要です。


HOME